投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


間違えました

 投稿者:い~  投稿日:2016年12月25日(日)13時08分36秒
  「少女時代」って、どういう間違いですかこれ。「少女童話」ですよもちろん。
大変失礼しました。ゴミ増やしてすみません。
 

発見!

 投稿者:い~  投稿日:2016年12月25日(日)13時06分14秒
  4年ぶりに投稿します。
清水先生いつの間にかブログ再開してたんですね!でももう2ヶ月更新されてないけど。
ブログにコメントしようとしたらできなかったので、こちらに書かせていただきます。
「生きている」ことと「いまだに書き続けている」ことを知ることができてとても嬉しいです。
最近の作品、あるんですね?探して読んでみます。あの世界に帰れるかな?
でも、先生の作品がラノベではないとは知りませんでした。言われてみればそうなのかな?ラノベの何たるかも知りませんが、私にとっては先生の世界を感じられればそれで十分です。
少女時代の新作舞台もできれば当時のメンバーの出演で観てみたいですが、難しいでしょうね。
まあ、できないことを望むよりできることを楽しみにしていますので、これからも頑張って書いて発表してください。楽しみにしております。
 

ありがとうございます

 投稿者:清水マリコ  投稿日:2016年 4月25日(月)00時02分3秒
  >星の時計さん
メッセージありがとうございます!
期待してないけど待ってくださるんですね。嬉しすぎます……

以前に編集さんから「もっとジャンクな感じがあるといいんですけどね」と言われ、ジャンクが全然わからなくって、
というか自分では全然くだけた内容を書いているつもりだったので迷っていました。
星の時計さんの、私の言葉と風景が好きというお言葉を励みにして頑張ります!
いつか本になってお届けできたら、ジャンク無理するなと笑って読んでやってください(笑)
またブログも更新したいので、よかったら読みにきてくださいね。
 

待っています

 投稿者:星の時計  投稿日:2016年 3月17日(木)18時18分39秒
  「清水マリコ」が、ひさしぶりに、ものすごぉぉくひさしぶりに、ブログに文章をアップした。
これは、なんでもいいから、コメントを返して、ブログの更新を継続してもらわなければなるまいと、思ったものの、さて、何をどう書けばいいのやら。
ファンです、本買ってます、読んでます、だけでいいようにも思うし、やっぱり足りないようにも思う。
「清水マリコへの期待」なんて書いてしまうと、自分でも笑ってしまうくらい、期待していることは無い(キッパリ)。清水マリコに書いてほしい話とかジャンルとか、そういうものは無い。
正直言って、編集者からこういうものを書いてみて、と言われて書いたと思われる話は、? という感じ。
それでも、清水マリコの本を買うのは、清水マリコが描く風景と言葉が好きだからです。
だから、「わからないまま書きたいことを少しずつ書こうと思います」というのは、たぶん、私が一番読みたい「清水マリコ」なのかもしれません。

期待はしてませんが、待っています。

 

ありがとうございます

 投稿者:清水マリコ  投稿日:2015年 4月 3日(金)20時17分24秒
  お久しぶりすぎて恥ずかしいのですが本人です(笑)

>とがわさん
メッセージありがとうございます!2年前にいただいたメッセージに今更ですみません。
いろいろな事情で「友達~」の次が出て無くてごめんなさい。
いつか皆様に続きをお届けできたら、私も本当に嬉しいです。

>ebisuさん
すみません奇跡でなく現実に読みました(笑)
メッセージありがとうございます!
ネットの海のどこかから投げられたボトルたしかに受け取りました。
もしかして、かつての少女童話の関係者様、あるいはもっと古いお友達の方でしょうか?
拙著を読んでいただいて嬉しいです。
いまもこれからもきっと夢を作っています。

>satoseenさん
はじめまして。清水マリコです。
「クリムゾン・エンパイア」のノベライズを読んでいただいてありがとうございます!
ノベライズは原作ファンの方に楽しんでいただけるかどうかとても気になるので、
感想をいただけてとても嬉しく、またほっとしました。
これからも読んでくださる方に楽しんでいただけるようにがんばります。
 

面白かったです

 投稿者:satoseen  投稿日:2015年 3月27日(金)22時37分5秒
  クリムゾン・エンパイアのノベライズ「運命の王子様」「甘い毒薬」読ませていただきました。
清水先生の本を拝読するのは初めてです。
もともとクリムゾン・エンパイアのゲームファンだったのですがこの本はとても面白くすぐ読み終えてしまいました。
お体にはお気をつけてこれからも頑張ってください。
 

メッセージボトルかな

 投稿者:ebisu  投稿日:2015年 2月25日(水)10時05分34秒
  ネットを漂っていて「あなたに胸いっぱい?メガネっ娘☆初恋 (美少女文庫)」を購入しました。
「夢見るチカラは、ときに現実をひっくり返す」旗揚げ当初の思いなのでしょう、ひっくり返すどころか、今も夢を創造されていることと思います。
この文が読まれることは奇跡かも知れませんが、幾人かのお名前に懐かしさを覚え、ここにメッセージを残させていただきました。
 

「友達からお願いします。」読みましたー

 投稿者:とがわ  投稿日:2013年 2月19日(火)01時19分59秒
  「友達からお願いします。」読みました!そしてびっくりしました!
最後に別れがやってこない、ヒロインがどこか遠くに行ったり消えたりしない話って、ひょっとしてMF清水マリコ史上初なんじゃないでしょうか(ウソイモは消えた後に帰ってきてましたが)。

ヒロインが前面にばーんと出た表紙や巻末の次巻予告も、「あの清水マリコの本についている」となると妙に新鮮です。

なにやら新境地を開拓してしまったこのシリーズ、次巻も楽しみにしています。
 

ありがとうございます

 投稿者:清水マリコ  投稿日:2013年 1月23日(水)23時18分44秒
  お返事が遅くなってすみません!
メリクリも終末もあけおめもすっかり遠くなってしまいました……;

>スパロボマスターKさん
お久しぶりですこんにちは!こうしてお返事できているということは終末は回避されたようですね。よかったです。
「終末の過ごし方」にいまでも触れてくださる方がいて嬉しいです。
原作のテキストとはずいぶん雰囲気が違ってるかも、大丈夫かなあと思いながら書いたことを覚えています。

>ssgr.さん
「友達からお願いします。」の感想ありがとうございます!同じ舞台で違うお話を書くの好きなので、楽しんでいただけて嬉しいです。
お話の参考にさせていただいた場所はぽちぽち実在しますが、お話に寄せて時空を歪めている部分もかなりあります(笑)
イラスト拝見いたしました。かわいい木蓮ありがとうございます!
私は、木蓮はやや背が高くてすらっとしてるイメージなのですが、イラストの木蓮も立ちあがったら脚が長そうで、かわいいけどかっこいいですね。
次巻も楽しんでいただけるようにがんばります。刊行されましたら、また手にしていただけたら嬉しいです。
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:ssgr.メール  投稿日:2013年 1月 4日(金)10時22分29秒
  あけましておめでとうございます。という新年の挨拶もままならない位、木蓮がかわいくて仕方ありません。新作[ 友達からお願いします。]、本当に楽しませて頂きました。今回も[ HURTLESS/HURTFUL ]に続いてモノレール沿線の街が舞台というのも、嘘シリーズみたいで何だか嬉しい限りです。出張等で羽田を利用する機会に[ HURTLESS/HURTFUL ]以降、時間に余裕があればモノレールに乗るようになりましたが、今回も土手や図書館等、舞台探訪してみたくなる描写が多いのも日常に繋がっているようでワクワクしてしまいます。気付けば、とりとめもなくなってしまい失礼致しました。彩香も活躍するであろう次巻も、楽しみにいたしております!(勝手ながら、木蓮の年賀絵的なものを描かせていただきました。清水先生の文字からくる可愛さには遠く及ばず申し訳ありませんが、下記URLにございます。新年のご挨拶とさせて頂きます。本当すいません!)

http://pg88.blog.shinobi.jp/

 

/13